TOPICS

2015/04/13

「一番楽しめた学生生活」

入学した頃の私は、心配性で、人前での発表やコミュニケーションをとるのが苦手で、その上、高校の授業についていけるかどうかも不安でしたが、友達もたくさんでき、苦手だった発表やコミュニケーションをとることもできるようになりました。
 私が三年間で得たことは、積極的にコミュニケーションを取れるようになったこと、そして皆で協力して取り組めたことです。例えば、合唱コンクールで伴奏を3年間務め、クラスメイトの歌に合わせて弾いてきました。一年の時、指名された時は不安でいっぱいで、リハーサルの時でも何度も失敗し、焦っていましたが、友達の応援により気持ちが落ち着き、上手く弾くことが出来たおかげで、三年連続で伴奏賞、三年生の時には最優秀クラス賞を受賞し、思わず涙が出そうになりました。
 また、役割に対して責任感を味わうことができました。例えば、合唱コンクールでは、合唱委員に指名され、司会やめくりをやってきましたが、司会はタイミングよく進行しないと、クラスが出るタイミングが分からず、進行が遅くなってしまう可能性があって、めくりも同様にタイミングを見てめくらないと内容が分からないので、体験してきて良かったと改めて思いました。
 そして、なにより良かったのは学生生活を楽しめたことです。たくさん友達を作り、一緒に昼食をとったり、話し合ったり、笑い合ったり、互いに協力したりして、今までの中で一番楽しめた学生生活だと思いました。
これらのことを活かして、進学しても、学生生活を楽しみたいと思います。