TOPICS

2019/03/5

高校3年間の進路活動について

1年生の時から進路選択で就職をすると決めていました。学校から実習先として紹介をしてもらい、3回実習を行いました。2回目の実習先で作業内容に魅力を感じました。実習では様々な作業を行いました。一つ一つ確認作業を怠らず正確に作業をすることを意識して実習しました。特に大きな間違えをすることなく作業をすることができました。パソコンを使用した入力作業ではまだまだ入力の速度が遅いので練習して速く入力できるようになりたいです。学校生活での経験や実習での経験が自信に変わりより一層就職したいという気持ちが強くなりました。またあたたかい職場環境なので安心して働くことができると感じました。

友達からは実習に行く前に「頑張って」と声をかけてもらったことで実習中頑張ることができました。先生には実習前の見学や実習の打ち合わせ、実習初日の同行、実習途中の巡回、実習最終日の振り返りと様々な場面でサポートをしてもらいました。私が緊張しているときに先生が優しく声をかけてくれたので安心して進路活動に取り組むことができました。クラスメイトの進路が決まっていく中で自分の進路がなかなか決まらないのはとても不安でしたが内定をいただいたとき安心と嬉しい気持ちが込み上げました。就労して働くときには実習で得た経験を活かしつつ反省点は改善して一つ一つの作業を正確にやっていきたいです。

岩谷学園には頼りになる先生がいます。生徒が悩んだときや不安なときは相談にのってもらえます。就労先や実習のサポートをしてくれて安心して進路活動をすることが出来ます。気軽に先生に相談することが進路活動をするうえで大切になってくるので一人で抱え込まず先生と相談をして進路活動を進めてください。