TOPICS

2015/04/10

卒業生のお母さま

卒業式を終えて、すっかりたくましくなった姿と晴れ晴れとした表情の息子を見て、中学のころを改めて思い返しました。毎日休まずに登校していたものの、特にこれといった興味も、勉強に対してやる気もなく、この先の進路はどうなるのだろうと、親として情けないやら不安でいました。授業についていけない本人はもっと不安で辛かっただろうと思います。岩谷学園に入学を決めてからは「オレ、変わりたい」と意欲を見せ、前向きになっていきました。私も学校の活動内容や生徒の様子を少しでも早く理解したいと、保護者会の役員を引き受けました。先輩役員のお母さまから、「ここに来るまでいろいろあったでしょう?」と言葉をかけられた時は胸がいっぱいになったことも・・。それぞれ抱えている問題は違っていますが、悩んで辛い思いをしてきたからこそ、相手にたいしての思いやりや優しい気持ちを持った生徒さんばかりで、息子もすぐ友達ができました。先生がたは、各生徒の良い面を引き出し、「きっかけの場」や「役割」を与えてくださることで自信に繋げて下さいました。学園祭では、担任の先生が生徒をよく観察しながら指示されている姿に感動いたしました。息子はこの春、技術系の短大に合格しました。今まであれほど勉強したことがあったかと思うほどがんばっていました。これからが本当のスタートだと思います。岩谷学園で出会った友人や多くの経験を思い出してがんばってほしいと思います。